スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

フジローヤル R101という焙煎機 排気と火力

前回は私の所有しているR101の仕様と単体の排気能力について書きました。ただ排気の能力だけを語っても意味がないので、火力との関係について考えていきます。
R101の排気は強いのか問題-再び 排気をもう少しだけ掘り下げて火力との関係を考えてみます。前回私は条件によって事足りているという表現をしました

そもそも、なぜ焙煎機は排気(強制排気)を必要とするのでしょうか? 排気とはいったいなんでしょうか?

焙煎は対流、伝道(接触)、輻射の3つの熱によってなされいます。
このうち排気(空気)は対流熱の媒介です。コーヒー豆にカロリーを与えるべく、熱された空気を釜内に送り込むために強制的に排気(吸気)をしています。また釜内で発生する豆の味に支障する煙などの排出も同時に行っています。

焙煎は接触熱だけ(輻射含む。厳密には接触だけということはない)でもできますが、豆がドラムに触れた部分しか熱が伝わりません。対流熱は空気が媒介なので、点での接触ではなく包むような熱の伝わりかたをします。ゆえに伝道熱よりも効率よく豆に熱を伝えていくと言われています。

じゃあ、R101もダンパーを全開で排気をして効率的に熱をあたえればいいじゃん!
と思うかもしれませんが、ではR101は流れていく空気にどれだけカロリーを与えられる釜なのか?という疑問が浮かびます。

火力と排気の関係を考えてみる排気の強弱はその釜のもっている熱源の強さと一緒に考えなければなりません。 私が焙煎を始めようと思った時、3kg釜、5kg釜の先輩方はみな火力をアップ(バーナーを増設)していたので、R101についても火力をアップするのがいいことなのだと思っていましたが、メーカーでは「バランスを考えないといけない」と何度か言われてしまっていました。ようやく意味がわかってきました(遅い!)
ここで、R101の公式のカロリーを現行機種カタログから持ってくると2.44kW(2,100kcal/h) という値です。私の釜はさらにここから1割ほど引いたカロリーしかありません。
この値は卓上カセットコンロよりも小さい数値です。
ちなみに250g焙煎のディスカバリーは2.2kw(1,900kcal/h) です。およそ3分の1の焙煎量のディスカバリーとほとんど熱源カロリーが同じです。

きちんと計測をしていませんが、熱源もそんなに強くないということが言える…

最新の投稿

JCTC ジャパンカップテイスターズチャピオンシップ  に出場して来ました

ちょっと変わった焙煎機を使っているコーヒーロースター

フジローヤル R101という焙煎機 - 排気

焙煎機をOH(オーバーホール)に出してみた

我が家に焙煎機がやってきた!

焙煎を始めよう!カリタ・ナナハン焙煎塾!

焙煎はじめの1歩 富士珈機焙煎セミナー

SCAJ 第16回 Roasted Coffee 参加型品質ワークショップに参加してきました。

WATARUカップテイスターズに参加してきました!

SCAJ 第14回中級カッピングセミナー 名古屋に行ってきました!

【追記あり】最も簡単なECショップBASEをつかってコーヒー豆を売ってみた

ギーセンという焙煎機 - SCAJ 第8回リトリート

SCAJ 第8回リトリートに参加してきました その4-最終回

SCAJ 第8回リトリートに参加してきました その3